何も知らされなくても、大切な推しの尋常ではない状況は 感じていたし、違和感ばかりの時期はファンもとても苦しかった

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました