音程が取れない、音域の狭い人達のグループで、つられることなく歌の舵をとるのは大変だったと思う。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました