あんな形で声を届けることって推しにはとても不本意だったろうな。聞いてしまって申し訳ない気持ちになってしまった。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました