大野さんのオリジナルソロアルバムの曲が日常の風景に溶け込んで流れる世界。ファンの子も一般の人たちも誰も彼もが聴けるように。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました