自分たちも本人の意思を尊重したいと思います、と脱退したいメンバーの背中を押し、寂しくてもエールを送ることのできるグループ

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました