2012年 「いつも思っているのは「見てくれる方たちが、何回も見たくなるような、振り付け・踊りをしよう!」ということ。 やっぱり自分は踊りが好き。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました