大野くんを知らないで過ごした日々の方が圧倒的に長い人生だけど、 彼の存在を知った事に感謝せずにはいられない。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました