とまどいながら 天才・大野智のヴォーカルが楽曲の雰囲気を決定づける。まだ天性だけで歌う状態なのに、柔らかい倍音と控えめなビブラートが染みわたる。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました