とまどいながら 天才・大野智のヴォーカルが楽曲の雰囲気を決定づける。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました