その昔ぼくのファンの子は厳しいんだと語るもその要望に応えようと努力しスキルを上げ続け魅せてくれた推し。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました