電撃的に好きになったのではなく ああ、なんて優しい声なのかしら? なんて優雅に踊るのかしら?とだんだんとその人だけを好きになった。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました